ロッキンジャパン 2022

朝くっそはやくおきて、電車で蘇我駅へ。

眠いはずなのに電車では全く寝れなかった。

 

友達と合流。

 

オフィシャルのグッズをいろいろかった。

Tシャツ、リストバンド、タオル、帽子。

んでなんか途中にガチャガチャでピックとかビニールの入れ物みたいなやつもゲット。

この時点でバンドのグッズが全部売り切れたのは誤算だった。んまけどまた今度のライブで絶対に買おう。

 

午前一発目 ズーカラデル

最高だった。

自分が好きな曲がかなり歌われていて嬉しかった

ボーカルがオズワルドの伊藤にそっくりだった

ライブはスタンディングでガンガンなイメージだったけど、ちょっと丘っぽいところで座ってみた。

ちょー心地よかった、

 

ハルカミライ

今年のロッキンは、最前列を抽選にしていて、俺達はハルカミライとハンプバックがあたった。

前から8列目26番、ど真ん中。

激烈に喰らった

めちゃめちゃかっこよかった。

時間ギリギリ目一杯使って音楽をしてくれた

ファイトっていう短い曲を3回もしてくれた

初っ端からロックンロールを浴びまくった

 

ノーベルブライト

俺が嫌いなやつが聞いていると言っていたロックバンド。

うっすい歌詞に全部の歌が同じに聞こえる現象

後ろの方で座りながら見た

正直刺さらなかった。

けどMCでは、こーゆー客に対しての本人なりの悔しさみたいなのもを先回りしてコメントしてた。

自分のこのバンドへの見方がわるいんだろうなと思った。

響いてる人があんなにもいたのだから。

 

ハンプバック

ハルカミライと立て続けに最前列

これもまたど真ん中

最善列用の入り口入ったとき、いらっしゃーいって言われてめちゃめちゃ嬉しかった

少年少女への、少年少女からのロックンロール

高一の頃に、さりげなく教えてもらってから、高校時代も、受験期も、大学でも聴き続けてきたバンド。

最高だった。

 

awesome city club 

勉強不足で有名な一曲しか知らなかった。

ズーカラデルとおんなじ丘の上でみた

聞き馴染みのある曲をゆっくり聞けるのは初めてだったから、めっちゃ心地よかった。

フェスってこーやって楽しむのもありだから、そりゃ大人も子供も楽しいわなってなった。

 

KANA-BOON

高校の頃やっていたバンドは、半分カッコつけて、半分むず過ぎて、練習をあんましてない曲もあったけど、いや、たくさんあったけど。シルエットという曲だけはめちゃめちゃ練習した。単純に曲が好きだったのもあるけど、自分達のバンドになんかハマった気がしてそれを五人で鳴らすのが楽しかったからだとおもう。

ライブで生で聴けた時やっぱ鳥肌たった。

何でかはわかんないけど

しかも最後にシルエットを持って来ずに、中盤に持ってくるあたり、ロックって感じ。客に媚びないというよりも、自分達を貫く感じがした。

シルエット以外にもめちゃめちゃいい曲がいっぱいあってノリノリで楽しかった。

 

milet

登場した瞬間に友達と、え、かわいいって声が揃った。

後ろの方で座ってみた。

歌うま過ぎるのと、一人であの客の数を相手に負けないエネルギーを放ってるのがすごかった。

曲のメロディとは対照的に、MCが超明るくて、中島みゆきみたいだった。知らんけど。

 

TETORA

友達は丸ごとメロンを一つ使ったクリームソーダがほしいとのことで、休憩するならここだなって時間帯だったから、俺は一人でもTETORAを見よと思ってたから、俺見に行ってくるわ、って言ったら、俺もいくって言ってくれて、結局飯抜きでTETORAのステージへ。

たまたま五分くらいはやくついたら、リハーサルやってた。リハからもうカッコよかった。

本番。

正直今日一番ロックだった。

かっこいいなんてもんじゃなかった。

曲を歌っているというより、叫びにあとから旋律がついたみたいな。

MCも最高だった。

相当な思いでバンドをやっているんだろうなともわかった。

そんなこと言ったらどのバンドもそうだけど、とにかく掴まれてしまった。

おそらく他のバンドはどこも平均して45分の持ち時間をもらっている中、30分枠。

けどせっかくもらったこのチャンス。必ずものにして帰るって気概がすごかった。

 

今までで一番最高のライブして帰ります。

MCがもうバチバチにカッコよかった。

生で聴けて本当によかった。

 

MAN WITH A MISSION

登場からちょーかっこよかった。

知ってる曲も何曲かあったし、ノリやすくてありがたかった。

何回もマンウィズのライブに行ってるんであろう人たちがノリの仕方を率先してやってくれて、めっちゃ楽しかった。

重鎮って感じがした。

 

My hair is bad

MCがすごく響いた。

おそらく時間帯的にお客さんの疲れがなかなかピークに来てる感じだったのがわかった。

のってないわけじゃないけど、疲れてるみたいな。

そんな中で、無理矢理乗らせるんじゃなくて、けど、一体となりたい、みたいなのをとっても感じた。

数をこなしているだけじゃない、魂を感じた。

めっちゃよかった。

 

あいみょん

カウントダウンジャパンの時以来2回目のあいみょん

初っ端から飛ばしまくり。

正直なかなかの疲労感があったけど、全然忘れた。

MCなしのぶっぱなし、超ストロングスタイル。

ラジオやったりとかいろいろメディアにでてく中で、シンガーとしての本気をみた気がした。

あいみょんの曲って本当に全世代の人が全員知ってるのすごい。

このステージの時、夕焼けから夜になっていっていい景色の中あいみょんが響いてるのがちょーよかった。

 

KingGnu

個人的にあんまりどストライク!って感じのアーティストじゃないんだけど、曲もある程度は知ってるし、なんならフェスで聞いたこともあるけど、まさかトリを務めるようになっているとは。

登場からちょード派手。

というか、King Gnuだけ予算ぶっとんでないか?ってくらい派手だった。

足も限界を迎える中、ちょーノリノリな曲ながれて、飛べ!!ってなって全員で飛んだの超楽しかった。

なんかこの曲まではみんな疲れもあってなのかあんまジャンプしてなかったけど、ここで一気に全員で疲れもなにもかもぶっ飛んだ感じがした。

ちょーーカッコよかったし超楽しかった。

最後に花火上がったのも最高だった。

あれは動画取るべきだったと後悔しそうになったけど、生で見といてよかったと今は思う。

 

んで帰ろうと思ったとき、

メロンのクリームソーダまだ売ってんじゃね?ってなってフードコーナーの方に行ったら、まだ売ってた。

お!まだ売ってんじゃんっていってたら、なんと、今回出るはずだったけどコロナで出れなくなってしまったBiSHの曲が聞こえ出した

え、?!やば!BiSHだよこれ!いこう!って友達をメロンの列から拉致ってステージへ。

ステージではクロージングアクトとして、四星球というバンドが演奏していた。

今回出れなかったbishの曲を代わりに演奏していた。

最高だった。

んで、曲が終わったから、メロンの列戻ろうかってした時、俺が、渋ったら、友達が、もうじゃあメロンいらん!聞こう!ってなって丘の方から移動して真ん中に移動した。

そしたら、MCが、最高で、今日一番拍手したし、のったし、ぶっ飛んだ!

本当に見てよかった

まじでぶっ飛んだ。

トリはKing Gnuだけど、クロージングアクトは俺達だ!!なんでクロージングアクトっていうかしってるか!!! 今日夜寝るときに目を閉じたときに浮かぶ一番鮮明な記憶のバンドはおれたちだからだ!!って

最高だった。

なんかヤバTみたいなフリップも持ってきてたし、最後なんか、メンバーの一人、ローション被ってたし、一体感を作るなんてもんじゃなかった。勝手に一つになった。

年齢関係なく、まえのおばちゃんもちっちゃいこも全員で今日一番のジャンプをした

全部持っていかれた。

案の定ライブが終わったら、メロンの店は閉まっており、友達はがっくし。

けど俺は大満足。多分友達も大満足だろう。

ちょー楽しそうにしてたし、楽しかったし

 

そんなこんなで院試10日前のロッキンジャパンは幕を閉じました。

めちゃめちゃ元気もらった。

全部のバンドから。

フェス最高。

 

絶対にまた行きたい。

 

 

 

眠い

もう最近ずっと眠い

 

多分本気出せば18時間くらいは余裕で寝れる

 

朝頑張って起きて、勉強。

 

もー飽きた。研究一個もすすんでない。

夏休みに遊びまくりたいのに。

てかまだおんなじ研究室のまま院にいけるわけじゃないのに。

 

最近調べたら、パイロットになるのめっちゃ時間と金がかかる。

まぁそりゃそーなのはわかるけど、空だけなんでこんなハードル高いんだ

船舶はわりとハードル低いし、自動車の免許なんてほとんど全員とってるのに

パイロットの資格ほしーなー

たまに空飛ぶとか、ちょーかっこいい。

多分トップガンのせいなんだけど、めちゃめちゃ操縦してみたい。

 

パイロット

船舶

 

エンジンの時代まだまだおわんないと思うんだけどなー。

街の上で

古川琴音が出てるから、ずーっと気になってはいたんだけど、ついに見た。

 

こーゆー映画めっちゃ好き

BGMない感じとかもよい

 

そして誰も足を引っ張っていない演技力の高さ。

 

下北らへんで繰り広げられる物語。

古着と、バーと、古書と、恋愛と。

 

そんな時間がゆったり流れそうな感じなのに、展開がちゃんといくつもあって、回収されていく心地よさ。

 

男女あるあるみたいものの描き方、ぶっちゃけ方

全部心地よかった

 

てかやっぱ全員演技うまかった。

なんか個人的には関西弁で、主人公と打ち上げで出会って部屋飲みする女の人が優勝だった。

 

一人だけ無茶苦茶わがままな女出てくるけど、あんまそのわがままさが誇張されることなく、むしろエモいみたいな感じで終わってたとこだけ気になったけど

全部通して最高だった。

 

まじでぜひ

さがす

シネマンションという映画好き三人がやっているYouTubeチャンネルで、今期の演技でダントツに良かったのが、流浪の月の松坂桃李とさがすの佐藤二朗だと言っていて、流浪の月はすでに見終わっていて、えぐいことはわかってたから、あれと同等にやばいって言われている映画どんなんだろうって思って見た。

 

佐藤二郎が父親役で、娘役を伊東蒼っていう人がやっていた。

 

とーちゃんな、昨日電車で連続殺人犯見たんよー

 

というところから始まるこの映画。

 

もーとにかくえぐかった。

 

普段のおふざけが一切ない佐藤二朗の演技力。

娘役の人も多分有名ではないんだろうけど、まじでやばかった。

 

そして、さがすというタイトルのやばさ

 

タイトルは筆者の主張のエッセンスだ。って小6のときの国語の先生が言ってたのを思い出した。

 

こーゆー映画の台本って本当にどーやったら書けるんだろうか。

ラストの十分くらいは盛りなしで呼吸忘れてたと思う。

 

終わり方も完璧。

 

とにかく、夜10時くらいからごろごろ携帯をいじって12時にくらいになっちゃったーみたいな2時間を探しそうなそこのあなたは、この映画を見た方がいい。

有意義どころではない。

その後の睡眠の保障はしない。

めっちゃよかった。

土手の有酸素

最近は8時に起きて、朝有酸素やるか、勉強終わって、夜に有酸素やるかの二択になってきた。

 

今日は夜にやった。

 

荒川の土手沿いを1時間走るだけ。

もうだいぶ夏の感じがする。ていうか夏。

地元の高校生たちが花火してたり、ランニングしてる人、チャリ漕いでる人、犬の散歩

 

雰囲気めっちゃよくて、あっという間に終わる。

 

ジムで有酸素やるのもいいんだけど、景色変わんないのとマスクだるいからやっぱ有酸素は外がいい。

 

途中に買い物カゴからめっちゃ荷物落としちゃって道塞いでるおじさんがいた。

大丈夫ですかーって拾いにいこうと思ったんやけど、転がってる荷物の中にお酒がめっちゃあったのと、なんか、道塞いでるからやべー、とりあえずがむしゃらに全部籠にもどせーっていうよりか、お酒をちゃんと下にひいて、んで次おつまみいれて、みたいな順番気にして入れてたから、なんか別にいいんだけど、なんか声かけなかった。

 

こーゆーのミニイベントをスマートにこなす大人にはいつなれるんだろうか

 

悪いことあっても、小さい良い事でその日全部はっぴーみたいな日もあれば、小さいもやもやした事でわりと萎えたりもするので。

 

今日は後者でした。

 

それもこれも全部院試のせいだ。

さっさと終われ。

 

って書いてみたけど、なんか別に大学受験の時ほどせっぱ詰まってない。なんでだろう、やばいパターンなんかな。

あの時より、コントロールが効くからなのかな。

 

又吉のYouTubeで、人は年を取るほど成長するとは限らないっていってて、くらった。

 

なんか当てはまった感じしたから。

 

世界を広くしないと、優しくなれない気がしたから

向き合わないとなー

 

M-1用のネタかけねーし。

今日部会だったんだけど、そこでネタ見せしてた先輩のコンビが、めちゃめちゃおもろかったんだけど、そのネタに意見を言ってく時間のときに、先輩たちが意外と気に入ってなくて、もっとこーしたほうがいいとか、伝わりにくさ、とか、なんか色々言ってて、自分はまだまだなんだなと思った。

 

実生活に弊害も少し出てきた。

なんか、面白い会話の流れができたから、ネタに使えるかなって思ってメモすると、なんかばつがわるい感じになる。

面白いってかなりむずい。

天然のやつのフリートークとかの方がおもろかったりするから。

もっと軽く考えようと思う。重く考えてるつもりはないけど

真木よう子がテレビで考えない技術を身につけなさいって誰かに言われたみたいなこといってたの思い出した

 

んーと、とりあえず最低限の継続からだ。

はいおわり

 

 

 

まほろ駅前番外地

友達と行ったたまたま見つけた昔ながらのえろDVD屋になんか知らんけど古本もいっぱいあって、そん時に100円で売ってたこの本を面白そうと思ってかった。

何者もたしか買ったきがする。

 

まほろ駅前多田便利軒ってやつの番外編みたいな位置らしい。

知らずに先に番外編を買ってしまった

 

調べたら、瑛太松田龍平で実写化してた。

それを先に知ったからか知らんけど、マジでストーリーが頭の中でその2人で再生されてとてもよかった。

特に松田龍平がもう、そのものというか、この本は松田龍平で実写化するのを前提にかかれたのかってくらいしっくりきた。

 

内容はほのぼのしてて、多分まほろ駅前多田便利軒の方で出てきたんだろうなって人たちの個人の半生とかがちょっと見えたり、事件が起きたり、それを解決というか、なんか成り行きでちゃんと最後はいい感じに終わる、みたいな話。

 

とにかく、行天っていう実写では松田龍平がやったであろう人がめちゃくちゃによかった。

普段は、多田に居候させてもらって仕事までもらってるのにダラダラしてる。

けど、ここぞって時に脅威的な野性の勘と、観察力とっぴな行動と、あとはちゃめちゃな喧嘩の強さで全部解決していく感じがめっちゃ良かった。

 

多田と行天2人のそれぞれのバックグラウンドもちょっと書いてあったりして、余白もあって、めっちゃよかった。

自分は、本によって読むスピードめっちゃ変わるけどこの本はあっという間に読み終わった。

楽しかった。

犬王

見た順番とブログの順番ごっちゃになってるけど思い出したからかく

わんちゃんもう書いてたかも

 

犬王

 

予告見ても面白そうとは思ったけどなんのこっちゃわかんなかったからどーなんだろって思ってたけど、めちゃめちゃ面白かった。

 

アヴ様と森山未来

 

どっちも声がめちゃくちゃよかった。

 

琵琶法師と能楽師がタッグを組んで、斬新な能を広めていき、たちまち有名になっていく話。

 

琵琶法師のともなは昔、神器のせいで盲目となり、琵琶法師となる。

能楽師の犬王は、呪いにかけられており、腕が片方だけ異常にながかったり、目が左右じゃなく、上下についていたりして、家族からも気持ち悪がれていた。

こんな2人が橋の上である日出会う。

当時の民衆は犬王とともなの斬新な能楽に熱狂的になっていく。

なんか映画の時間短いのに、めちゃめちゃまとめられてて、しかも語り自体が音楽で語られていくし、犬王のダンスは、マイケルジャクソンを参考にしたんだろーなーみたいなキレッキレのダンス。

音響とか証明も、極限まで解釈を広げたらこんくらいになるだろうなみたいな、飛躍してるけど、しすぎていなくて、超バンドっぽいし、サウンドといい、盛り上がり方といいもう最高だった。

 

しかもなにがすごいってちゃんとストーリーになってて、なんか、気持ち悪さみたいなのもあって。

 

とにかくめちゃくちゃよかった。

これは映画館で見て大正解のやつだった。